Mille et Une Huiles

神秘のミレニアムオイル

Pocket

〜樹齢1000年のオリーブが育む、神秘のオイル〜

人類が最初に栽培した植物のひとつと言われ、「オイル」の語源ともなったオリーブ。
紀元前3000年以上も前から、地中海沿岸で栽培されたと伝えられています。
ヨーロッパでは、古代ローマの時代から、食用・医療品・灯火にと重宝され、祝賀や祭儀、宗教儀式にも欠かせない聖なる油「液体の黄金」として重んじられてきました。

そんな欧州の宝とも言えるオリーブオイルの奥深い魅力を求めてミレユンヌ・ユイル社が辿り着いたのが、樹齢1000年のオリーブの木から採れるエキストラバージンオイルです。

スペイン東部バレンシア州マエストラット地方にしか生息していない「FARGA(ファルガ)」という希少な原産品種であり、その数わずか100本ほど。また、このFARGAの苗木は、他のどこへも持ち出されていません。これは、FARGA種のオリーブの木々がこの風土に完璧に適しているということと、この土地に住む人々に長きに渡り大切に守られ続けてきているということなのです。

なぜ樹齢1000年にも及んでいるとわかるのか。
それは、オリーブの木というのは、高さはぐんぐんと伸びるものの、幹は一年にわずか2㎝ほどしか太くならないという非常に成長に時間のかかる植物です。それがこの木々は、幹の直径が4メートル以上と見事な存在感。また、このマエストラット地方でこの木が中心的存在であったことを記す歴史的文献が残されていること。これらのことから、その樹齢が少なくとも1000年以上と推定することができるのです。

時代時代の権力者や耕作者に敬愛され守られてきた「生きた記念碑」だということで、それは古代ギリシャ人やローマ人から受け継がれてきた考古学的にも貴重な宝という意味でも、非常に特別な木々なのです。

オリーブの木は、成長し最初の実を収穫できるまでには4〜5年かかり、大きく成長するまでには更に10〜15年待つことになり、おいしいオリーブオイルが採れるようになるには、大体30年以上経ったものから、と言われています。
ただし、ひとたび根を張れば長生きとなり、このように樹齢1000年ともいわれる大樹となります。要するにオリーブというのは最初の成長がとても緩やかですが、ひとたび根付けば半永久的に生き続ける、実を生らし続ける、その生命力は他に類を見ないものです。
そのように実際に生命力の強いことが実証されている樹齢1000年のオリーブから採れるオイル、1000年以上生きているということは、1000回以上、土中のカルシウムなどの養分を吸い上げては実を生らしてきているということ。だから、その木が他と比べて格段に豊富な栄養分を含んでいます。
また、そんな大木が実を生らすということは、樹液を吸い上げるために只ならぬ努力をしなくてはなりません。
これまた樹齢1000年の大木が、いかに力強い生命体であるかということがおわかり頂けるでしょう。

古木ならではということを感じずにはいられない独特の凛とした風味となめらかさ、リンゴやアーティチョークそしてアーモンドの香り、力強い大地の香り、最初に甘く、後にほのかに苦味が訪れる。最高級で希有なミレニアムオイルです。

遥かかなたの過去に根を張り、未来に向かって枝を伸ばす・・・それは悠久の時を経て、今なお息づく、まさに奇跡のひとしずく。
人間をはるかに越えた大いなる自然の生命力ある木のエキスを頂くということ、その恵みは、大切に受け継いできた人々への感謝とともに大切に味わいたい美味しさです。その歴史に想いを馳せる時、得も言われぬ特別な感動が体の内から湧き起ることでしょう。力と命を与えてくれる愛おしきオリーブオイルです。

ミレニアムオイルのご注文について
Pocket

2014-12-09 | Posted in Mille et Une Huiles |