トリュフの基礎知識

世界3大珍味としても有名なトリュフですが、高級食材としてその上品で濃厚な香りが、大変珍重されています。こちらでは食材としてのトリュフをもっと身近に感じていただくために、トリュフの基礎知識をご紹介します。

トリュフとは

トリュフとはセイヨウショウロ科の地下生型・菌根性のキノコで、フランス料理やイタリア料理で高級食材としてよく使用されています。カシ・ナラなど石灰岩質の土壌に根ざした広葉樹でよく見られるキノコです。植物学的な分類としてヨーロッパ型とアジア型、黒と白があり、なかでも白トリュフは最高級品として当ショップの通販でも人気があります。また、日本でもアジア型トリュフが独自に進化したと見られるものが長野県や京都府、山口県の秋吉台、福島県といった場所で発見されています。

世界3大珍味の1つ

トリュフは世界3大珍味の1つとして、美食の国フランスで長く愛されてきました。
栽培が難しいことから通販などの流通量も少なく、「黒いダイヤモンド」とも呼ばれ珍重されています。
独特な香りが特徴的で、パスタの具材やソースなどの調味料として利用されることが多いようです。

また、自然に生えているものを探す時に豚やイノシシを使うという話は有名ですが、豚やイノシシは見つけるとすぐに食べてしまいます。実際の採集現場ではトリュフを見つけるために訓練された犬が活躍しています。

食べやすい形でおすすめ

おいしいトリュフといえば、特徴的な香りがポイントとなります。しかし、欧米で松茸の香りが苦手な方が多いように、日本人にも独特の香りが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。
そこでトリュフをはちみつのように甘い香りがするものと合わせてみてはいかがでしょうか?
蜂蜜の濃厚で甘い香りの食材からトリュフの匂いが仄かに香ってくるため、和食の隠し味としても使いやすいと思います。

もちろん洋食にも使い勝手がよく、ハニートーストやフルーツと和える調味料としての活用など食材の味を楽しみたい時のアクセントとしておすすめです。当ショップ通販でも取り扱っていますので、ぜひお試しください。