バージンオリーブオイルの種類について

オリーブオイルは、様々なお料理のレシピに欠かせない調味料です。オリーブの果実から作られる油であるオリーブオイルには種類があり、果実をそのまま搾った天然の素材を大切にしたバージンオリーブオイル、精製オリーブオイル、オリーブオイルと大きく3つに分けることができます。

こちらでは、その中でも、当ショップでも取り扱いのあるバージンオリーブオイルの種類についてご紹介します。

エキストラバージンオリーブオイル

酸度が0.8%以下で、口にした時の味わいや風味が最高級とされているバージンオリーブオイルです。

当ショップでは、酸度0.1の早摘みオリーブと、完熟オリーブの両方のエキストラバージンオリーブオイルをご用意しています。

そのまま飲むことも可能で、早摘みオリーブは加熱を必要としないサラダやカルパッチョ、白身魚や魚介類に合わせるとより美味しさを引き立てることができます。完熟オリーブは、完熟したフルーツの香りが温かなパスタや肉料理にマッチします。

バージンオリーブオイル

酸度が2%以下で、エキストラバージンオリーブオイルに継ぐ風味があるバージンオリーブオイルです。

精製せずにバージンオイルとしても十分に使えるので原産国では流通していますが、エキストラバージンオリーブオイルと比較すると明らかに味の品質が劣るものです。

オーディナリーバージンオリーブオイル

酸度が3.3%以下で、バージンオリーブオイルと同様に、日本には輸入は許されていません。

オリーブオイルとしての品質は決して高いとはいえず、品質検査にて複数の欠点があったとされるバージンオリーブオイルです。

ランパンテバージンオリーブオイル

酸度が3.3%以上で、バージンオリーブオイルの中で最も品質が低いとされています。そのまま口にするのには向いていません。精製が必要とされるタイプで、ブレンドによっていかされるバージンオリーブオイルです。

当ショップでは、通販にて高級オリーブオイル、フランス直輸入食品を取り扱っております。

バージンオリーブオイルの中でも、品質が最も高いとされるエキストラバージンオリーブオイルやそのままかけるだけでワンランク上の味が楽しめるバルサミックス、白トリュフ入りはちみつ、マッシュルームとトリュフのソースなど様々な商品がございます。オーガニックを大切にしたお料理のお供として、ぜひお使いください。ギフトやプレゼントとしても喜ばれる商品です。