オリーブオイルは酸度で選ぶ

オリーブオイルのパッケージには「酸度0.1%」などの表記があります。

酸度というとワインやジュースをイメージしがちですが、オリーブオイルの酸度は何を意味するのでしょうか。酸度はオリーブオイルの質に大きく関わるもので、オイルの分類にも使われています。

良質なオイルを選ぶために知っておきたい、酸度に関することをお伝えします。

良質なオイルは酸度が低い

酸度とはオリーブオイルの品質基準で、酸化の度合いを示す度数です。

数値が高いほど酸化が進んでいて、数値が低いほど酸化していない、ということになります。

オリーブオイルには、脂肪酸が含まれていることをご存知でしょうか。

オリーブオイルに限らず、食用油の主成分はグリセリンと脂肪酸の化合物から成り立ちます。

枝からオリーブの実を摘み取ると、徐々に脂肪酸が劣化し遊離していきます。遊離した脂肪酸は空気中の酸素と結合しやすく、酸素の含有量が多くなると酸化が進み、オイルの質が落ちてしまうのです。

酸度をできるだけ低く保つには、収穫からボトル詰めまでをスピーディーに行うことが重要です。

酸度が味と香りの決め手に

酸度0.8%のオリーブオイルは、遊離脂肪酸の割合が100gあたり0.8gということです。

オリーブを搾っただけのバージンオリーブオイルは、酸度2%以下が一般的です。

感覚分析における欠点がなく、味や香りに優れたエキストラバージンオリーブオイルは、酸度0.8%以下と定められています。

これを下回る酸度の低いオリーブオイルは通販での人気が高く、味や香りが格段に違います。

収穫方法や搾油されるまでの時間、保存状況も酸度に影響するため、生産者は専門の分析機関で検査を行っています。酸度が低いほど、収穫後できるだけ早く搾油されており、新鮮なオイルであるという証です。通販でオーガニックオリーブオイルを購入する際は、1つの目安として参考にしていただければと思います。

当ショップでは通販を通して、上質なフランス生まれのオリーブオイルを販売しております。

早摘みオリーブ・エキストラバージンオリーブオイル(酸度0.1%)は、収穫直後に搾油された風味豊かなオイルです。パンやサラダ、和食などの様々なレシピで、オリーブオイル特有の香り・テイストをお楽しみいただけます。大切な方へのギフトや、記念日のプレゼントにもおすすめです。